前へ一覧に戻る次へ

ステージ2:否認

    「大丈夫。やめようと思えば、やめられるし」
  • 「パチンコまだ行ってるの?もしかして依存症かも」

依存症になっているのに「いつでもやめられる」と思ってしまう。

自分がハマっているという現実を認めない…

それも病気の症状の1つ。依存症は「否認=認めない」の病と言われます。

家族や友人はどうすればいい?

  • 否認している「ブラック・カケル」に、やめるよう説得しても効果なし。心配ですが、しばらく本人がしたいようにさせて、行き詰ったタイミングで、回復の話をしてみましょう。
  • ⇒回復のステージ4 直面化
  • 本当はやめたいと言う「ホワイト・カケル」には自助グループやクリニックに行ってみたら、と相談先を伝えてみましょう。やめるのを応援しているよ、と勇気づけてあげて。
  • ⇒相談先はこちら